★北斗の拳 特集★
北斗の拳
■あらすじ
北斗七星に象徴される伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者、ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクション。舞台は199X年の最終戦争後の地球。核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、残された資源(主に水と食料)をめぐって争いが繰り返されるという、暴力が支配する世界である。

■主人公:ケンシロウ
本編の主人公。北斗の末弟にして、一子相伝の北斗神拳の正統伝承者。“世紀末救世主”として語られる。





ラオウ外伝 天の覇王
■あらすじ
世紀末覇王として乱世を平定しようとする北斗の長兄ラオウの激闘を描く。その生きざまは世紀末救世主として語られるケンシロウと対極する。オリジナルキャラクターの登場の他、既知の登場人物とラオウとの『 北斗の拳 』の原作にはない戦い(VSユダ、VSサウザー)やトキ、アミバ、リュウガなどとの関わり合いが描かれている。

■主人公:ラオウ
北斗の長兄で北斗神拳継承者候補の一人。ケンシロウとの継承者指名争いに敗れた後は“拳王”と名乗り、恐怖を以て世を支配し、世紀末に天の覇者を目指す。




ユリア外伝 慈母の星
■あらすじ
原作とは異なる絵柄となっている。物語には、『北斗の拳』特有のアクションや暴力的な場面は少ない。ユリアに人の運命を予知できる能力があることが描かれている。

■主人公:ユリア
南斗正統血統の女性にしてケンシロウの婚約者。「慈母星」の宿命の元、“南斗六聖拳最後の将”として「南斗五車星」を従えて、天の平定を願う。



レイ外伝 蒼黒の餓狼
■あらすじ
舞台は『北斗の拳』と同じく核戦争勃発後の出来事で、原作通り妹アイリをさらった、七つの傷を持つ男(ジャギ)を捜して旅をしている。原作では描かれていない、知られざる南斗水鳥拳レイの闘いを読むことができる。

■主人公:レイ
南斗水鳥拳の伝承者で南斗六聖拳士の一人。また、第7話のエバズ・ヴァルキリアとの戦闘でシュウの足技を披露した事から、多少は南斗白鷺拳も心得ている




トキ外伝 銀の聖者
■あらすじ
「北斗神拳史上もっとも華麗な技を使う男」と言われた北斗四兄弟の次兄トキ。しかし、核戦争の時に死の灰を浴びたために継承者を断念。一人の従者とともにあてどもない旅に出ることになる。トキを主人公とした漫画で「奇跡の村」が舞台となっている。

■主人公:トキ
北斗四兄弟の次兄であり、「北斗神拳史上、最も華麗な技を使う男」と言われている「柔の拳」の使い手。死の灰を浴びたために病に冒されて継承者を断念し、人々を救うために旅に出る。




ジャギ外伝 極悪ノ華
■あらすじ
核戦争後、ジャギはケンシロウの名を騙り、罪のない人々に暴虐の限りを尽くしていた。ある日、突然連れてこられた二人の少年(ラオウとトキ)が、自分を差し置いて父の全てである北斗神拳を受け継ぐという、自分より幼いケンシロウの候補者参入であった。

■主人公:ジャギ
北斗四兄弟の三兄。幼児期に火災で実の親を失うが、リュウケンに救出されて以後その養子となる。拳の資質も(常人を凌駕するものの)兄弟中で最も劣り、劣等感から次第に苛烈な性格に変貌していく。




ジュウザ外伝 彷徨の雲
■あらすじ
世界が核の炎に包まれ荒廃した世紀末...。暴力が支配する世界で天を目指す力を持ちながらも、覇権争いに背を向けて自由奔放に生きる男がいた。男の名はジュウザ。その"雲"と呼ばれる我流の拳士は、南斗五車星の宿命を捨て最愛の女・ユリアを守ることが出来なかった男、ケンシロウを捜すべく乱世を彷徨う...。

■主人公:ジュウザ
南斗五車星「雲」の男。ユリアの異母兄でありリュウガの異母弟で「我流の拳」の使い手。かっての拳の才能はラオウとトキに匹敵するほどだが、天空を流れる雲のごとく自由を好む。




蒼天の拳
■あらすじ
『北斗の拳』の過去を描く物語で、週刊コミックバンチ創刊時の2001年から同誌の目玉タイトルとして連載されている。ただ、ストーリーや設定には北斗の拳と相容れない部分が多く、厳密な意味での前日談ではない。基本的な設定と世界観のみ共有するスピンオフ作品の色彩がかなり強いものである。

■主人公:霞拳志郎
第62代北斗神拳伝承者。寧波で生まれる。頭部には北斗七星の形の痣があり、リュウケンはこの痣を受け継いだケンシロウに兄の再来と期待をかけた。ケンシロウとはまた違ったタイプの人物で、どこまでも奔放かつ、朋友のために戦う男である。上海でマフィアや拳法家を相手に腕を磨き、「閻王」(えんおう)として暗黒街でその名を轟かせる。




北斗の拳セット
■商品紹介
『北斗の拳シリーズ』を隅から隅まで一気に読破できるお得なスペシャルセット!! 価格もスペシャル価格になっているので、『北斗の拳』を知り尽くしたいというアナタにオススメです♪


DD北斗の拳
■商品紹介
『北斗の拳』の世界が発生するきっかけとなった「199X年の核戦争が起きなかった」パラレルワールドを舞台とし、『北斗』シリーズでは異色とも言えるギャグ漫画として描かれている。ケンシロウをはじめとした拳士たちはギャグである事を象徴するかの様に二頭身のデフォルメキャラとして描かれているのが特徴だが、たまにリアルタッチの姿で描かれる。作中では、『北斗の拳』のセリフやシーンがパロディとして多数使用されている。
  

北斗の拳 DVD-BOX
■商品紹介
1984年にアニメ化された北斗の拳全152話・約3800分を収録した、スーパープレミアムBOX。原作で濃厚だった暴力/スプラッターの表現にも避けることなく挑戦した作品となっており、ファンにとって欠かせない内容となっている。
  

このページのTOPへ