TopPage > 書籍 > 新品 > 【全巻/書籍】〈古典部〉シリーズ (5冊)
こちらは【送料無料】です!!
新品商品
【全巻/書籍】〈古典部〉シリーズ (5冊)
商品ID:
9587

【全巻/書籍】〈古典部〉シリーズ (5冊)

販売価格(税込):
3,022
ポイント5倍:151pt獲得

申し訳ございませんが、只今新規受付を一時停止しております。

「〈古典部〉シリーズ」のあらすじ・概要

・氷菓
何事にも積極的に関わらない奉太郎が、姉の命令で入部させられた古典部で、部員の少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の真相に迫る。省エネ少年と好奇心少女が繰り広げる青春ミステリー。

・愚者のエンドロール
「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

・クドリャフカの順番
文化祭で賑わう校内で奇妙な連続盗難事件が発生。犯人が盗んだものは碁石、タロットカード、水鉄砲。事件を解決して古典部の知名度を上げようと盛り上がる仲間達に後押しされて、奉太郎はこの謎に挑むはめに!

・遠まわりする雛
省エネをモットーとする折木奉太郎は“古典部”部員・千反田えるの頼みで、地元の祭事「生き雛まつり」へ参加する。十二単をまとった「生き雛」が町を練り歩くという祭りだが、連絡の手違いで開催が危ぶまれる事態に。千反田の機転で祭事は無事に執り行われたが、その「手違い」が気になる彼女は奉太郎とともに真相を推理する。

・ふたりの距離の概算
春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷つけるような性格ではない―。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する!“古典部”シリーズ第5弾。
表示の商品画像は期間限定の物です。
ご注文のタイミングによっては表示されている表紙画像と異なる場合がございます。
予めご了承ください。

≪書籍情報≫
著者:米澤穂信
出版社:角川書店
版型:文庫版
レーベル:角川文庫
最新刊発売日:2012年6月22日

■セット内容
「〈古典部〉シリーズ」
・氷菓
・愚者のエンドロール
・クドリャフカの順番
・遠まわりする雛
・ふたりの距離の概算

家族・友人・恋人にこの商品を
おねだりするメールを作成します。

≪関連カテゴリ≫
書籍 > 新品

関連商品


「〈古典部〉シリーズ」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

新品をご購入の方へ

こちらの商品「〈古典部〉シリーズ」は【新品】です。
キレイに保管して、大事に全巻読破したい方にオススメです!
また当店では新品セットをご購入頂いた方限定のプレゼントキャンペーンなども定期的に開催しております。
このページのTOPへ