TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】兎 -野性の闘牌- (1-16巻 最新刊)

【全巻/中古】兎 -野性の闘牌- (1-16巻 最新刊)は竹書房の発行する伊藤誠氏によるヤングコミックです。2015年6月15日に最新刊である16巻が発売され、2018年02月23日現在、全巻セットで4,780円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので239ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】兎 -野性の闘牌- (1-16巻 最新刊)
商品ID:
928

【全巻/中古】兎 -野性の闘牌- (1-16巻 最新刊)

新品定価(税込):
10,271
アマゾンで探す

「兎 -野性の闘牌-」のあらすじ・概要

いじめられっこの高校生・武田俊が風間巌率いる高校生代打ち集団ZOOに入り、麻雀を通して成長していくストーリー。 同じ高校の知り合いである山口愛がきっかけで麻雀をはじめる。ZOOのメンバーであった彼女に連れられて入園試験をクリアしメンバー入りする。 その後同じテリトリーで代打ちをしている広域指定暴力団:山城組の打ち手たちに山口愛が罠にかけられたことをきっかけとして、新庄直樹・仙道真澄らが率いる「山城の代打ち」と、風間巌の率いる「Zoo」の全面対決が行われる。

その後「山城麻雀編」、「D・D編」とつづく。

他の麻雀漫画と一線を画する特徴は、それぞれの打ち手はある種の天性の能力を持っており、それらを駆使し麻雀を闘い抜くというところにある。団員のニックネームはその能力から取られている。
≪書籍情報≫
作者:伊藤誠
出版社:竹書房
版型:B6版
カテゴリー:ヤングコミック
レーベル:近代麻雀コミックス
最新刊発売日:2015年6月15日

「兎 -野性の闘牌-」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ