TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】ガンスリンガー・ガール GUNSLINGER GIRL (1-15巻 全巻)

【全巻/中古】ガンスリンガー・ガール GUNSLINGER GIRL (1-15巻 全巻)はメディアワークスの発行する相田裕氏によるヤングコミックです。2012/12/15に最新刊である15巻が発売され、2018年01月18日現在、全巻セットで3,670円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので184ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】ガンスリンガー・ガール GUNSLINGER GIRL (1-15巻 全巻)
商品ID:
904

【全巻/中古】ガンスリンガー・ガール GUNSLINGER GIRL (1-15巻 全巻)

新品定価(税込):
9,280
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)」のあらすじ・概要

舞台は現代のヨーロッパ。イタリアの公益法人「社会福祉公社」は、政府の汚い仕事を代わりに行っている。その中でも作戦2課では現在表向きは障害を抱えた子供達を引き取って福祉事業に従事させることで社会参加の機会を与える、という身障者支援事業を推進する組織ということになっているが、実際は集めた子供達を「義体」と呼ばれる強力な身体能力を持つ肉体に改造し、薬物による洗脳を施した上で、政府の非合法活動に従事させている。

義体に対する薬物を使った洗脳は「条件付け」と呼ばれ、薬の過度の使用は副作用として依存症や記憶障害をもたらす。少女達は「条件付け」によってそれぞれの担当官への絶対的な服従心を植えつけられる、それに伴い個人差があるものの愛情に似た感情をも抱くことになる。また担当官の身の安全には極度に敏感であり、担当官の背中に投げられた吸い掛けの煙草にも反応する。いつも一緒にいることから、義体と義体担当官は二人まとめて「フラテッロ(兄妹という意味)」とも呼ばれる。

社会福祉公社と敵対する主な反政府活動組織は五共和国派(通称パダーニャ)と呼ばれるイタリア北部を拠点とする組織である。パダーニャは、北部同盟党首ウンベルト・ボッシ(Umberto Bossi)が提唱する、北部8州と中部3州(トスカーナ州・ウンブリア州・マルケ州)をイタリア共和国から分離独立させて「パダーニャ共和国連邦(Repubblica Federale de Padana)」を樹立する、という構想を実現する為に武力闘争を行っている。
≪書籍情報≫
作者:相田裕
出版社:メディアワークス
版型:B6版
カテゴリー:ヤングコミック
レーベル:電撃コミックス
最新刊発売日:2012/12/15
≪関連カテゴリ≫
コミック > 古本
ヤングコミック > その他

「GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガー・ガール)」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ