TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】鋼の錬金術師 (1-27巻 全巻)

【全巻/中古】鋼の錬金術師 (1-27巻 全巻)はスクウェア・エニックスの発行する荒川弘氏による少年コミックです。2010/11/22に最新刊である27巻が発売され、2018年04月21日現在、全巻セットで7,120円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので356ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】鋼の錬金術師 (1-27巻 全巻)
商品ID:
840

【全巻/中古】鋼の錬金術師 (1-27巻 全巻)

新品定価(税込):
11,533
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「鋼の錬金術師」のあらすじ・概要

【あらすじ】
幼き日に最愛の母親、トリシャ・エルリックを亡くしたエドワード(以後エド)とアルフォンス(以後アル)のエルリック兄弟は、母親を生き返らせようと、錬金術において最大の禁忌、人体錬成を行ったが、失敗し、兄・エド(11歳)は左脚と唯一の家族である弟を、弟・アル(10歳)は全身を失ってしまう。エドは自身の右腕を代価として、アルの魂を何とか鎧に定着させたが、自分達の愚かさに気づく。その後エドは自ら失った右腕と左脚をオートメイル(機械鎧)をつける手術を受け、一時的に手足を取り戻す。

12歳となったエドは、国家錬金術師となり二つ名・「鋼」を授けられ、アルと共に元の体に戻る為、絶大な力をもつ賢者の石を探す旅に出る。しかし、旅には数々の試練がエルリック兄弟を待っていた。人ならざる人・ホムンクルスや、傷の男・スカーなど、多くの強敵が現れる中、兄弟は絆を深めながら元の体に戻る方法を探す。

【概要】
錬金術が存在する架空の世界を舞台としたハイ・ファンタジー漫画。物語の世界は、19世紀の産業革命期のヨーロッパをモチーフにしている。

初期から人間の命の重さといった重いテーマを扱いながらも、少年漫画としてコミカルなギャグシーンや躍動感溢れるアクションシーンもふんだんに取り入れており、独特のスチームパンクを意識した世界観や暗くなりすぎないストーリー展開に評価が高い。

【受賞】
2004年 第49回小学館漫画賞受賞
2006年 第5回東京アニメアワード原作賞受賞
≪書籍情報≫
作者:荒川弘
出版社:スクウェア・エニックス
版型:新書版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:ガンガンコミックス
最新刊発売日:2010/11/22


「鋼の錬金術師」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ