TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】海の闇、月の影 (1-18巻 全巻)

【全巻/中古】海の闇、月の影 (1-18巻 全巻)は小学館の発行する篠原千絵氏による少女コミックです。1991/11/20に最新刊である18巻が発売され、2018年04月21日現在、全巻セットで4,460円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので223ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】海の闇、月の影 (1-18巻 全巻)
商品ID:
763

【全巻/中古】海の闇、月の影 (1-18巻 全巻)

新品定価(税込):
7,368
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「海の闇、月の影」のあらすじ・概要

仲の良い双子の姉妹・小早川流風と流水は陸上部の先輩である当麻克之に同時に恋をした。克之が選んだのは流風だった。双子といえど、違う人間である二人はいつかは別々の道を歩まなくてはいけない。これが最初の一歩だと二人は感じた。

送別会としてキャンプに出かけた女子陸上部の面々は、雨宿りで入った古墳の中で壁が崩れた途端に異臭を感じて倒れる。皆が息絶えていく中で、生き残ったのは双子だけだった。

古墳の中には現在では考えられないような、感染したものに超能力を与えるウイルスが蔓延していた。他の部員はそのウイルスが原因で死亡したが、双子はウイルスに適応できたために生き残れたのだった。体質は全く同じとはいえ、感染時の双子の心境には天と地の差があり、失恋による激しい悲しみと流風への微かな嫉妬を感じていた流水は、ウイルスにより負の感情を増幅させられてしまい、超能力を使って克之を我が物とするため流風を殺害しようとするようになる。流水によりウイルスに二次感染した人物は彼女の言いなりになる。流風はそれに対する免疫抗体を体内に持つようになったと判明し、流風は克之と共に流水と対抗する決意をする。

克之の父からの連絡により、イギリスより来日したジーン・アルバート・ジョンソンは、天才的な頭脳でウイルスを分析、自ら感染、改造し、新たな能力をつくって様々な人間を実験台にした。そして彼は一つの薬をつくる。それは流風の血を混ぜれば既に流水により操られている者を正気に戻せ、流水の血を混ぜれば既に流風の抗体を受けた者をも感染させられるというものだった。その薬の処方せんは5枚に分けられ、ジーンの創った新たな能力を持つ者たちに受け継がれた。

人々の正気を取り戻そうとする流風と克之、克之が服従せざるを得ない権力を手に入れようともくろむ流水は、争いながら、時には協力しながら、新たな能力者たちと出会い、それぞれの愛憎が絡んで行く。
≪書籍情報≫
作者:篠原千絵
出版社:小学館
版型:新書版
カテゴリー:少女コミック
レーベル:フラワーコミックス
最新刊発売日:1991/11/20

関連商品


「海の闇、月の影」に対するレビュー

新規レビューを書き込む
  • どうしてもほしい!!by サチさん(2009/07/29)

    オススメ度:★★★★★

    以前全巻持っていたけれど、引越しの際に処分してしまい、すごく後悔しています。中古は嫌なので、是非新品が入荷したら買いたいと思っています。


このページのTOPへ