TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】絶対可憐チルドレン (1-50巻 最新刊)

【全巻/中古】絶対可憐チルドレン (1-50巻 最新刊)は小学館の発行する椎名高志氏による少年コミックです。2017/12/18に最新刊である50巻が発売され、2018年02月25日現在、全巻セットで11,830円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので592ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】絶対可憐チルドレン (1-50巻 最新刊)
商品ID:
676

【全巻/中古】絶対可憐チルドレン (1-50巻 最新刊)

新品定価(税込):
22,224

帯・チラシ等付属物については必ずしもついているものではございません。

また、版数指定を承ることはできませんのであらかじめご了承ください。

詳しくはQ&Aのページをご参照ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「絶対可憐チルドレン」のあらすじ・概要

【あらすじ】
21世紀、エスパーは増えていた。彼らは軍事や外交、経済などと、あらゆる面で活躍し国際競争のカギを握っていた。

しかし高レベルのエスパーになるほど数が少なく、中でも最高ランクである超度(レベル)7に至っては国内で政府が確認し契約しているのは10歳の3人の少女のみであった。3人は内務省特務機関超能力支援研究局、通称B.A.B.E.L.(バベル)に所属、「ザ・チルドレン」と呼ばれていた。「ザ・チルドレン」は日本の将来に大きな利益をもたらすと期待されるとともに、もしも普通人(ノーマル)に敵対することになれば止めることができない危険な存在でもあった。

B.A.B.E.L.は日本の国益の為に彼女たちの能力を利用すると同時に、彼女らを正しき方向に導かねばならなかった。その任を与えられたのがザ・チルドレンの現場運用主任の皆本である。しかも皆本だけは近い将来に3人が普通人に反抗するエスパーたちの先頭に立つという予知を知らされていた。

そうとは知らない3人は皆本を慕ってはいるものの、怒って超能力で皆本を困らせることもある。こうしてこの4人のチームが次々と事件を解決していくのであった。

【概要】
世界でトップクラスの超能力を持つ3人の少女と、彼女らに振り回される上司兼教育係である普通の青年が、様々な事件を解決していくコメディアクション。
≪書籍情報≫
作者:椎名高志
出版社:小学館
版型:新書版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:少年サンデーコミックス
最新刊発売日:2017/12/18

関連商品


「絶対可憐チルドレン」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ