TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】うしおととら (1-33巻 全巻)

【全巻/中古】うしおととら (1-33巻 全巻)は小学館の発行する藤田和日郎氏による少年コミックです。1996/12/10に最新刊である33巻が発売され、2018年01月18日現在、全巻セットで6,670円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので334ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】うしおととら (1-33巻 全巻)
商品ID:
627

【全巻/中古】うしおととら (1-33巻 全巻)

新品定価(税込):
13,605
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「うしおととら」のあらすじ・概要

主人公・蒼月潮(うしお)は自宅の蔵の中で磔(はりつけ)にされていた妖怪をなりゆきから解放してしまう。うしおが「とら」と名づけたその妖怪は、かつて近隣一帯を恐怖のどん底に叩き落していた大妖怪であった。また、「とら」を500年間縫い留めていた槍こそ、妖怪を滅ぼすためにのみ2000年以上も前に中国で作られた「獣の槍」。獣の槍の伝承者となったうしおは、「とら」と共に様々な妖怪との戦いを繰り広げる。

始めこそ、降りかかる火の粉を払うごとく、襲ってくる妖怪を退治していたうしお達であったが、物語は次第に世界を滅ぼす大妖怪「白面の者」との決戦を中心に廻りだす。

蒼月潮と獣の槍・とらとの出会い、白面の者との戦いは全くの偶然によるものと思われていたが、物語が進むにつれて、それぞれの深い関わり、長きに渡る宿命が明らかになっていく。

うしおととらの、人間と妖怪を超えた深い絆を主軸におきながら、非常に多くの登場人物達のエピソードが描かれ、それらが終盤に向けて一つに収束していく。作品の根源に、限りのない人間愛が力強く描かれた、清々しく読める名作である。

【受賞】
第37回(平成3年度)小学館漫画賞受賞
1997年 星雲賞コミック部門賞受賞
≪書籍情報≫
作者:藤田和日郎
出版社:小学館
版型:新書版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:少年サンデーコミックス
最新刊発売日:1996/12/10

関連商品


「うしおととら」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ