TopPage > コミック > 新品 > 【全巻】あさきゆめみし -源氏物語- (1-7巻 全巻) (文庫版)

【全巻】あさきゆめみし -源氏物語- (1-7巻 全巻) (文庫版)は講談社の発行する大和和紀氏による少女コミックです。2001/08/01に最新刊である7巻が発売され、2018年02月18日現在、全巻セットで4,871円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので244ptをプレゼントしております。

新品コミック
【全巻】あさきゆめみし -源氏物語- (1-7巻 全巻) (文庫版)
商品ID:
4964

【全巻】あさきゆめみし -源氏物語- (1-7巻 全巻) (文庫版)

新品定価(税込):
4,871
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「あさきゆめみし -源氏物語- 文庫版」のあらすじ・概要

『宇治十帖』を含む『源氏物語』54帖がおおむね忠実に描かれており、平安朝の生活様式などを詳細に調べて漫画化している。古典の中でも特に著名な『源氏物語』の世界を漫画という形で平易に視覚的理解を助け、古典への興味を持たせた功績は今なお大きい。大手予備校の書棚に置かれるなど特に受験生必携の書ともなっており、『源氏物語』現代語訳を手がけた瀬戸内寂聴も高く評価している。

全体の筋はほぼ原作どおりだが読者に『源氏物語』を少女漫画として読ませる為、出だしは桐壺帝と桐壺更衣の馴れ初めからオリジナルとして描かれている。それは少女漫画の読者に『源氏物語』を難しいと決めつけられない為、原作を知らない人にもこれは面白いかもしれないという導入部が必要だった為であるが他にも光源氏と幼い紫の上の出会いや空蝉の結婚の経緯、朝顔の姫君の母の逸話など原作や当時の常識とはかけ離れた独自のエピソードもある。また逆に『宇治十帖』では玉鬘の後日談(「竹河」)や女一宮を巡る話など、いくつかのエピソードが省略されている。

花散里が原作では痩せてみすぼらしいと表現されているのに関わらず非常に豊満な女性として描いたのは、現代ではスレンダーであることがスタイルが良いというプラス評価となったこと。その為、ちょっと格好の悪い相手というイメージを出すには逆に太らせた方が良いと判断したためである(平安時代はむしろふくよかな方が美しいとされた)。
≪書籍情報≫
作者:大和和紀
出版社:講談社
版型:文庫版
カテゴリー:少女コミック
レーベル:講談社漫画文庫
最新刊発売日:2001/08/01

関連商品


「あさきゆめみし -源氏物語- 文庫版」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ