TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】高校鉄拳伝タフ (1-42巻 全巻)

【全巻/中古】高校鉄拳伝タフ (1-42巻 全巻)は集英社の発行する猿渡哲也氏によるヤングコミックです。2018年02月23日現在、全巻セットで7,950円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので398ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】高校鉄拳伝タフ (1-42巻 全巻)
商品ID:
369

【全巻/中古】高校鉄拳伝タフ (1-42巻 全巻)

新品定価(税込):
22,896
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「高校鉄拳伝タフ」のあらすじ・概要

【概要】
週刊ヤングジャンプで1993年から2003年まで約11年にわたって連載され、2007年1月現在は続編の『TOUGH』が連載中である。

OVA化もされ、ビデオは2巻までリリースされた。また、対戦者として登場してくる格闘家や武術家たちは、大半は実在の人物がモデルになっている。外伝に主人公の父親・宮沢静虎の活躍を描いた『OTON』がある。また、この漫画も多少インフレが進んでしまっているところが見受けられる。(熹一は最初、高校レベルの強豪を倒していたが、徐々にレベルは上がり、アイアン木場と接戦を見せ、東修人を余裕で倒すなど。また、超人ガルシアとも負けず劣らずの試合も見せ、500戦無敗のゴードンを倒してしまった。)ただ、この漫画の特徴は筋肉描写が非常に緻密で、終盤(単行本30巻以降)からは現在連載中のTOUGHと同じような絵柄となっていく。格闘漫画の中ではとても絵が綺麗な方とされており、他の作品より筋肉描写のレベルがとても高いと称される。


【ストーリー】
最強の実践的古武術として名高い灘神影流(なだしんかげりゅう)の継承者の家庭に生まれた高校生、宮沢熹一が高校スポーツ界のスター選手から、プロ格闘家、裏の武術家らと格闘戦を交わし、ライバルや戦友と交流していくというのが基本的な筋。空手、柔道、ボクシング、プロレス、ムエタイ、相撲、柔術など様々な格闘技の達人が登場し、奇想天外とも言える死闘を繰り広げるという点では、『グラップラー刃牙』とも共通する。本作にはしばしば有名選手と生き写しのキャラクターも登場する。 最初は高校の格闘技の強豪を倒し、その後アイアン木場の送り込んできた刺客を倒し、そして、TDK編に入り、最後に鬼龍VS静虎、の構成となっている。
≪書籍情報≫
作者:猿渡哲也
出版社:集英社
版型:B6版
カテゴリー:ヤングコミック
レーベル:ヤングジャンプコミックス

関連商品


「高校鉄拳伝タフ」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ