TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】ぬらりひょんの孫 (1-25巻 全巻)

【全巻/中古】ぬらりひょんの孫 (1-25巻 全巻)は集英社の発行する椎橋寛氏による少年コミックです。2013/3/4に最新刊である25巻が発売され、2018年02月18日現在、全巻セットで4,830円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので242ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】ぬらりひょんの孫 (1-25巻 全巻)
商品ID:
3017

【全巻/中古】ぬらりひょんの孫 (1-25巻 全巻)

新品定価(税込):
10,789
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「ぬらりひょんの孫」のあらすじ・概要

【あらすじ】
主人公・奴良リクオは一見はごく普通の中学生。しかし実は妖怪「ぬらりひょん」の孫。家にいる妖怪たちと毎日どたばたと付き合いながらなんとか普通の生活を送っている。

幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる存在であることを知ってしまうが……。

【概要】
現代の日本を舞台に、「妖怪軍団」の総大将、ぬらりひょんの血を受け継ぐ少年を主人公に、人間と妖怪の日常を描いた怪奇ファンタジー。妖怪百鬼夜行の世界をヤクザ(主に侠客・博徒・任侠)の世界に見立てた勧悪懲悪もの。百鬼夜行が見せ場として登場する。妖怪のほとんどは、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』、竹原春泉の『絵本百物語』といった妖怪画集から採用している。

Jリーグファンである作者の趣味を反映してか、登場する人間キャラクターの苗字の殆どがガンバ大阪所属の選手から取られている。

【世界設定】
本作品において、妖怪たちは現実世界のヤクザによく似た集団を形成している。ある程度力のある妖怪が長となって組を作り、その組がさらに多数集まって大きな勢力の一家を構成している。妖怪たちは「シマ」と呼ばれる勢力圏の土地神を守る見返りに、信仰や畏れ、供え物の金銭などを集めており、また独自に飲食店の経営やボディーガードなどの「シノギ」も行っている。
≪書籍情報≫
作者:椎橋寛
出版社:集英社
版型:新書版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:ジャンプコミックス
最新刊発売日:2013/3/4

関連商品


「ぬらりひょんの孫」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ