TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】大奥 (1-15巻 最新刊)

【全巻/中古】大奥 (1-15巻 最新刊)は白泉社の発行するよしながふみ氏による少女コミックです。2017/12/28に最新刊である15巻が発売され、2018年01月18日現在、全巻セットで4,400円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので220ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】大奥 (1-15巻 最新刊)
商品ID:
2567

【全巻/中古】大奥 (1-15巻 最新刊)

新品定価(税込):
10,279
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「大奥」のあらすじ・概要

関東の田舎のある村、一人の少年が茸を採りに山へ出かけ、熊に襲われた。虫の息の状態で家へ連れられてきたが、間もなく息を引き取る。少年の死後、兄や幼馴染みや村人が次々と高熱を出し、真っ赤な発疹が全身に広がり、爛れ膨れ上がって死んでいった。そしてその奇妙な病は隣村から数年後には関東一円にまで伝染していった。しかも、病に罹るのは若い男ばかりだった。

そして治療法も見つからぬまま80年余りが経過し、病は『赤面疱瘡』という名で国に根付いていた。凄まじい勢いで減っていった男子の人口は、女子の約4分の1で安定した。そして男子はその生存率の低さから子種を持つ宝として大切に育てられ、女子があらゆる労働力の担い手となっていくのであった。

江戸城でも、三代将軍家光以降、将軍職は女子へと引き継がれていった。そして、大奥は、ただでさえ男子が少ない中で美男三千人が将軍に仕える女人禁制の男の城となっていた。

男女の立場が完全に入れ替わった男女逆転大奥の物語。
≪書籍情報≫
作者:よしながふみ
出版社:白泉社
版型:B6版
カテゴリー:少女コミック
レーベル:ジェッツコミックス
最新刊発売日:2017/12/28

関連商品


「大奥」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ