TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】涼宮ハルヒの憂鬱 (1-20巻 全巻)

【全巻/中古】涼宮ハルヒの憂鬱 (1-20巻 全巻)は角川書店の発行する谷川流氏 / ツガノガク氏による少年コミックです。2013/12/26に最新刊である20巻が発売され、2018年01月18日現在、全巻セットで5,220円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので261ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】涼宮ハルヒの憂鬱 (1-20巻 全巻)
商品ID:
1751

【全巻/中古】涼宮ハルヒの憂鬱 (1-20巻 全巻)

新品定価(税込):
11,945
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「涼宮ハルヒの憂鬱」のあらすじ・概要

「東中学出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」

県立北高校入学早々、このぶっ飛んだ自己紹介をした涼宮ハルヒ。見た目は美少女なのだが、その性格は唯我独尊・傍若無人・猪突猛進であるため、クラスで孤立していった。そんなハルヒに好奇心で話しかけた「ただの人間」であるキョンという変わったあだ名のクラスメイトとだけは会話をするようになる。

ゴールデンウィークも過ぎたある日、校内に自分が楽しめるクラブがないことを嘆いていたハルヒは、キョンの発言により自分で新しい部活を作ることを思いつく。キョンを引き連れて文芸部部室を占領し、また唯一の文芸部員であった長門有希を巻き込み、メイド兼マスコットとして上級生の朝比奈みくるを「任意同行」と称し拉致。さらにハルヒ曰く「謎の転校生」の古泉一樹を加入させ、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的とした新クラブ「SOS団」を発足させる。

ところが、ハルヒが適当に集めた長門有希・朝比奈みくる・古泉一樹の3人は、それぞれ本物の宇宙人・未来人・超能力者で、それぞれの属する組織から送り込まれてきたのであった。彼らの目的は、ハルヒが無自覚に持つ能力――世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力――の観察、監視。キョンはハルヒに選ばれた人物であり、ハルヒにとっての「鍵」であると言う。

漫画のような話をキョンはにわかに信じられなかったが、キョンやSOS団の周辺に異常な出来事が起こるようになり、キョンも数々の体験をしていく中で3人の話を信じざるを得なくなった。ハルヒだけが気付かないまま、キョン達SOS団メンバーは異常事態の処理やハルヒの退屈しのぎのために日々奔走する。
≪書籍情報≫
作者:谷川流 / ツガノガク
出版社:角川書店
版型:B6版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:角川コミックス・エース
最新刊発売日:2013/12/26

関連商品


「涼宮ハルヒの憂鬱」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ