TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】カバチタレ! (1-10巻 全巻) (文庫版)

【全巻/中古】カバチタレ! (1-10巻 全巻) (文庫版)は講談社の発行する青木雄二氏 / 田島隆氏 / 東風孝広氏によるヤングコミックです。2018年01月18日現在、全巻セットで4,320円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので216ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】カバチタレ! (1-10巻 全巻) (文庫版)
商品ID:
1661

【全巻/中古】カバチタレ! (1-10巻 全巻) (文庫版)

新品定価(税込):
8,078
アマゾンで探す

「カバチタレ! 文庫版」のあらすじ・概要

昨今の法律職ブームの大きな火付け役となったとも言われ、ヒット以降、行政書士や司法書士、社会保険労務士の受験者が激増したという意見もある。娯楽的要素のみならず、実用書としての人気も非常に高い。

行政書士事務所を舞台にして、法を駆使する法テクで社会的弱者を守っていくという物語である。

同じく田島隆原作、東風孝広作画によりイブニングで連載している事件屋をテーマにした作品『極悪がんぼ』とは世界観が共通しており、『極悪がんぼ』の主人公である神崎守と本作の主人公である田村が鉢合わせする場面がある他、『極悪がんぼ』において大野事務所と神崎の対決があった。また、監修者である青木雄二の作品『ナニワ金融道』に登場する帝国金融の広島支店の看板も登場しており、同一の世界観にあることが示唆されている。

タイトルについては、主人公の田村が行政書士試験に合格するまでは『カバチタレ!』、試験に合格して資格を取ってからは『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』と変更されている。このタイトルに入っている「カバチ」とは広島弁で屁理屈を意味し、これを“垂れる”事から「屁理屈屋」の意である。
≪書籍情報≫
作者:青木雄二 / 田島隆 / 東風孝広
出版社:講談社
版型:文庫版
カテゴリー:ヤングコミック
レーベル:講談社漫画文庫

関連商品


「カバチタレ! 文庫版」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ