TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】しゃにむにGO (1-32巻 全巻)

【全巻/中古】しゃにむにGO (1-32巻 全巻)は白泉社の発行する羅川真里茂氏による少女コミックです。2018年04月21日現在、全巻セットで3,770円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので189ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】しゃにむにGO (1-32巻 全巻)
商品ID:
1140

【全巻/中古】しゃにむにGO (1-32巻 全巻)

新品定価(税込):
13,526
アマゾンで探す

「しゃにむにGO」のあらすじ・概要

伊出延久はスポーツ万能で将来を有望視される陸上ランナーだった。しかし、中学3年生のある日、偶然見かけた幕ノ鎌高校テニス部の尚田ひなこに一目惚れ。陸上をやめ、彼女と同じ高校に進学し、テニス部に入部する。

同じ年、ジュニアでは有名だった選手滝田留宇衣もテニス部に入部する。プロのテニスプレイヤーを目指す留宇衣だったが、精神面での弱さから試合に集中出来なくなり父親にテニスを続けることを反対され、民間のテニスクラブを辞めてテニスでは無名の高校に進学してきたのであった。

延久と留宇衣はダブルスを組むことになり、テニス初心者の延久はめきめきと腕を上げていく。一方、急成長を遂げた延久に嫉妬しながらも留宇衣は次第に延久を認めていく。大会での活躍を通して、2人の名は全国の高校テニス界に知られるまでになる。

そうした中、延久はかねてからの憧れの人、ひなこにも接近していく。しかし、ひなこのいとこにして高校テニス界No.1の実力者佐世古駿もまた、ひなこに急接近、延久のライバルとして立ちふさがる。

一方、駿は留宇衣のジュニア時代からのテニスのライバルでもあった。かつては、留宇衣の方が実力で上回っていたのだが、今では駿に大きく水をあけられ、留宇衣は焦りと苛立ちを感じていた。
≪書籍情報≫
作者:羅川真里茂
出版社:白泉社
版型:新書版
カテゴリー:少女コミック
レーベル:花とゆめコミックス

関連商品


「しゃにむにGO」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ