TopPage > コミック > 古本 > 【全巻/中古】ケロロ軍曹 (1-27巻 最新刊)

【全巻/中古】ケロロ軍曹 (1-27巻 最新刊)は角川書店の発行する吉崎観音氏による少年コミックです。2016/5/26に最新刊である27巻が発売され、2018年01月18日現在、全巻セットで5,830円です。全巻読破.COMは只今全品ポイント5倍キャンペーン中ですので292ptをプレゼントしております。

中古コミック
【全巻/中古】ケロロ軍曹 (1-27巻 最新刊)
商品ID:
1112

【全巻/中古】ケロロ軍曹 (1-27巻 最新刊)

新品定価(税込):
15,876
アマゾンで探す

この商品を買った人はこんな商品も買っています


「ケロロ軍曹」のあらすじ・概要

ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球(地球外の全宇宙人の呼称は「ポコペン」)の侵略を目的に軍隊が派遣された。その先発隊として隊長・ケロロ軍曹、突撃兵・タママ二等兵、機動歩兵・ギロロ伍長、作戦通信参謀・クルル曹長、暗殺兵・ゼロロ兵長(後にドロロと改名)の5名の兵士からなる宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊・ケロロ小隊が地球に降り立った。

しかし地球に降り立つ際に隊員5名は散り散りになってしまい、小隊長であるケロロは一軒の民家に潜伏するが、そこに住むポコペン(地球)人の日向夏美と弟の冬樹にあっさりと発見・捕獲されてしまう。本隊はこの状況を危険と判断し、彼ら先発隊5名を残して緊急撤退。地球に取り残されたケロロは、日向家の居候として家の掃除をさせられたり、趣味のガンプラを作ったりして毎日を過ごす生活を始める。

やがてバラバラにはぐれてしまった隊員たちが段々とケロロの元へ集結し遂に5人全員が揃う。その途中、アンゴル族のヒト型宇宙人の少女・アンゴル=モアまでもが日向家に居候し始め、日向家はますます大混乱。変わりに変わった日向家でのさらにへっぽこな日々が続くことになる。

【受賞】
第50回(平成16年度)小学館漫画賞児童向け部門受賞(角川書店の作品では史上初)
≪書籍情報≫
作者:吉崎観音
出版社:角川書店
版型:B6版
カテゴリー:少年コミック
レーベル:角川コミックス・エース
最新刊発売日:2016/5/26

関連商品


「ケロロ軍曹」に対するレビュー

新規レビューを書き込む

このページのTOPへ